「生活習慣病改善指導士」の役割 科学的知識に基づく指導期待

生活習慣病やメタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)の人に改善指導を行う生活習慣病改善指導士という資格が創設され、第2回認定試験が今月、行われ る。看護師、管理栄養士ら医療関係従事者が対象。メタボとのかかわりを盛り込んだ特定健診・保健指導が今年2期目に入る中、新資格を持った医療従事者らの 役割に期待が集まっている。(大家俊夫)
◆専門医と協力
日本肥満学会・認定制度委員会の委員長を務める宮崎滋・新山手病院生活習慣病センター長は指導士の役割について、「肥満症専門医だけでは『肥満症』という問題は解決できない。専門医と協力し、チームとして患者によりきめ細かい指導をしていく」ことを挙げる。
求められている知識は高度なものだ。それは、肥満は単に太っているという状況にとどまらず、内臓脂肪の蓄積が糖尿病や脂質異常症などの生活習慣病につながることが研究で判明し、科学的な側面からの治療や指導をする時代に入っているからだ。
このため、生活習慣病改善指導士にもそうした科学的知見が求められている。(1)肥満と糖尿病、高血圧との関係を理解し、説明する(2)食生活、身体活 動、喫煙、飲酒について科学的根拠に基づいて指導する-ことが大切と指摘するのは、認定試験委員会委員長の津下一代・あいち健康の森・健康科学総合セン ター長だ。
◆数値を示し説明
内臓脂肪100平方センチに相当する数値として腹囲基準(男性85センチ、女性90センチ)などを盛り込んだメタボの診断基準は内科系8学会が公表。そ の概念が特定健診・保健指導に取り入れられ、第1期(平成20~24年)が終了した。その結果に関して津下氏が実施した厚生労働科学研究では「腹囲が2、 3センチ減っただけで、多くの患者で脂質異常症や高血圧症の危険因子が改善された」とのデータが得られた。
ただ、「野菜を多く食べるとか、脂っこいものを減らす、運動をした方がいいという一般論は知っていても、具体策を知らず迷っている肥満の人も少なくな い」(津下氏)のが現状。このため、指導士には「メタボが改善できない人には何が影響しているのか、住んでいる地域の特性はあるのかなども分析し、数値を 示して説明する能力」(同氏)も重要になってくる。
生活習慣病改善指導士は肥満学会の認定制度。昨年は28人が認定され、第2回試験は同学会の最終日の12日に実施される。対象の職種は高度肥満を対象と する看護師、臨床心理士、肥満症予防を担当する保健師、管理栄養士、健康運動指導士と多岐にわたり、活躍する施設は肥満症専門病院、診療所などが想定され る。
宮崎氏は「新しい資格があれば、それに向けて努力できる。合格した人はそれを武器に自信をもって指導できる」と、指導士の広がりに期待を寄せている。
■3年以上指導の医療関係従事者が対象
生活習慣病改善指導士は肥満や肥満関連疾患についての「専門的修練を積んだ」医療関係従事者が対象だ。受験には3年以上の指導経験のほか、肥満学会主催 のセミナーや講演会を一定数以上受講することが必須。また、受験者が担当した肥満症・メタボの指導事例の記録審査がある。筆記試験とともに合否の判断材料 となる。
糖尿病治療の分野でも、患者の自己管理などを指導する日本糖尿病療養指導士の認定制度がある。平成13年に第1回の試験が行われ、現在までに1万7000人以上が資格を取得し、全国の医療施設で活躍中。
このほか、糖尿病患者や高齢者の足病変の予防・ケアの専門家として日本フットケア学会がフットケア指導士の資格認定を行っている。

 

色々な資格があるんですね。

生活習慣病やメタボの人に改善指導をする。

改善指導を受けるべき対象者の人数はかなりの数でしょうね。

そう考えると、かなりタイムリーな資格ということになるのかな。

こういった資格が新設されることで、看護師がキャリアアップするチャンスも増えることになるし、看護師にとってはいいことですね。

キャリアアップを目指したい看護師の方、または今現在は潜在看護師だが、このような資格を取って現場に復職したいと考えて方は看護師 祝い金を利用されるといいでしょう。

 

ソニー「はじめに顧客ありき」でなく「はじめに技術ありき」

デジタルカメラも軽量化、高機能化がすすむなか、ソニーが発表したワイヤレスカメラの一種、通称「レンズだけカメラ」の「DSC-QX10」と「DSC-QX100」について、大前研一氏が解説する。
* * *
ソニーが先日発表した新商品が、スマホと組み合わせる「レンズだけカメラ(レンズ型デジタルスチルカメラ)」だ。高級コンパクトデジタルカメラ並みの高画質が売りのモデルと光学10倍ズームのモデルがある。
しかし、カメラはすでにスマホに搭載されているわけで、それよりも高画質や高倍率ズームにするために接続するレンズ型カメラという発想が、私にはよくわ からない。カメラに高性能を求めるユーザーは一眼レフや高級コンデジを買うだろう。そこまで高いレベルは求めないが、もっときれいな写真をスマホで撮りた いというユーザー向けなら、今あるスマホのカメラ性能を向上させればよい。
現にソニーのXperia「Z1」やアップルのiPhone「5s」は、撮像素子(イメージセンサー)を大型化し、レンズも明るくすることで画質を最新 のコンデジに匹敵するレベルに向上している。となると、レンズ型カメラのニーズがどこにあるのか、邪魔なレンズ型の物体をわざわざ持ち歩く人がどういう人 なのか、ますますわからなくなる。
これまでスマホになかった機能―たとえばプロジェクターになったり、プリンターやファクスとつながったりする機能―をスマホに付加できるような商品であ ればともかく、中途半端に大きなレンズ型カメラをスマホにくっつけるという発想は非常にプアだと思う。どういうお客さんに、どういうTPOで使ってもらい たいと考えているのか、私には理解できない。
結局、今のソニーは「はじめに顧客ありき」の“カスタマー・イン”ではなく、「はじめに技術ありき」の“プロダクト・アウト”の会社なのである。

 

これ、そのとおりですよね。

この解説をしている「大前研一」という人、まともなこと言うこともあるんですね。

ソニーは、何がしたいんだろう?

誰もがスマホを持っていて、誰でも手軽に写真を撮ることができる。

その写真が高画質で取れるなら、なおいいでしょうということなのかな。

最近、スマホでもそうだけど、ソニーはやたらとカメラにこだわりますよね。

スマホの本来の役割はなんなのか?

アップルだと明快に電話ですよね。

多機能な電話。

だからっといってはなんだけど、音楽を聴くにしても音質が悪いし、写真を取るにしても中途半端。

なぜなら、電話だから。

そういうことなんじゃないかな?

でも、ソニーはなんなの?

以前は音質にこだわっていた、今は高画質の写真。

でも、電話です。

どちらも拘ってはみたけど、所詮はスマホ。

本当に音質にこだわるなら別のメディア、本当に高画質の写真にこだわるなら一眼レフのカメラ使うんじゃないのかな?

なんで中途半端なものだすのかな。

これが売れたら本当に驚きです。

韓国の日本産水産物禁輸、WTOで不当性主張へ

政府は7日、韓国が東京電力福島第一原子力発電所の汚染水問題を受けて福島県など8県の水産物を全面禁輸とした措置について、世界貿易機関(WTO)の委員会で、科学的根拠に乏しく不当だと主張する方針を固めた。
外務、農林水産両省は、16、17両日にスイス・ジュネーブで開かれるWTOの委員会に職員を派遣し、〈1〉日本産水産物は国際的基準に基づいて厳格な安全管理を行っている〈2〉韓国の禁輸措置は科学的な根拠に乏しい――とする日本の見解を説明する方向だ。
韓国は先月9日から、8県の水産物を全面禁輸とし、日本からの再三の撤回要請にも応じていない。委員会には撤回の勧告や裁定を行う権限はないが、国際機関の場で韓国側の不当性を訴えることで、韓国に自発的な撤回を促す狙いがある。

 

やるからには徹底的にやっていただきたいですね。

韓国のしていることが不当なのは間違いないんですから。

訴える側も、金銭の問題ではないはずですから。

韓国への輸出量は大したことない訳だし。

しかし、どんどんひどくなりますね。

韓国の嫌がらせは。

本当に徹底的にやっていただきたいです。

まさか、主張するって宣言しただけで終わりなんてことないですよね?

トヨタHVが1、2位独占=トップ10に軽6車種―13年度上期

日本自動車販売協会連合会と全国軽自動車協会連合会が4日発表した2013年度上期(4~9月)の車名別販売台数は、トヨタ自動車の小型ハイブリッド車 (HV)「アクア」が12万7993台で首位となった。2位もトヨタのHV「プリウス」(12万1634台)となり、燃費性能の高いHVが1、2位を占め た。
燃費性能に加え、維持費が安い軽自動車の人気も引き続き高く、3位がホンダの「N BOX」、4位はダイハツの「ムーヴ」、5位はスズキの「ワゴンR」と軽が続いた。トップ10のうち6車種が軽となった。

 

やっぱりハイブリッド強いですね。

すっかり認知されたようですね。

一時期、ガソリンが高騰した際に火がついたエコカーブームだが、すっかり定着したようだ。

実際にアクアは、かなり見かける。

プリウスが売れ出した時には、納車になるのがかなり先で、販売台数の割には見かけるようになるのが遅かったように思うが、アクアはみるみる見かけるようになったと思う。

メーカーもある程度見越していたんでしょうね。

アクアは1位だし、もちろん凄いけど、プリウスは相変わらず強いですね。

2位にはなってしまったけど、1位との差はわずか。

ゆーざーにしたら、やっぱり本家が良いんですかね。

まぁ、なんにせよエコ意識が高くなるのはいいことでしょう。

花火大会屋台事故で露天商の渡邉容疑者逮捕

京都府警捜査第一課と福知山署の特別捜査班は2日、福知山花火大会での屋台爆発炎上事故で、火元となったベビーカステラの露店を営業していた大阪市生野区巽北、とび職、渡邉良平容疑者(38)を業務上過失致死傷罪で逮捕したと発表した。
事故は8月15日午後7時30分からの福知山花火大会が始まる直前、会場の福知山市音無瀬橋下流左岸河川敷で起きた。
渡邉容疑者は、露店の照明用電源として動かしていた発電機にガソリンを給油しようとして、携行缶のエア調整ねじをゆるめて内圧を下げるか、人のいない安 全な場所へ運んでからキャップを開けなければならない業務上の注意義務を怠り、その場で漫然とキャップを開けたためガソリンを一気に噴出、プロパンガスの 火に引火爆発させ、周囲にいた花火見物客3人を全身やけどで死亡させ、54人に重軽傷を負わせた疑い。

 

この事故が起こってから既に1か月半。

まだ、逮捕されていなかったんですね。

ニュースで報道されていた状況から判断する限り、どう考えても作業をしていた露天商に責任があるとしか思えませんでした。

そう思ったのは私だけではないでしょう。

事情を聴いたり、確証を得るために確認などしていたんでしょうけどね。

でも時間かかりすぎじゃないですか?

露天商が逃げて行方不明とかなら仕方ないけど、そうじゃないんだから。

冤罪なんて言う心配もなかったわけだし、もっと早く逮捕してもよかったように思いますね。

吉野家HD、福島でコメ作り=牛丼用、コスト削減狙う

牛丼チェーン「吉野家」を展開する吉野家ホールディングス(HD)は1日、福島県白河市にコメや野菜を生産する農業生産法人「吉野家ファーム福島」を設立 したと発表した。来春から牛丼用のコメの作付けを始める。生産された農作物は全量を吉野家が買い取る方針で、同社は食材の仕入れコスト削減を狙う。
農業法人は地元農家との共同出資で、資本金は1000万円。農場面積は4.3ヘクタール。タマネギや青ネギ、キャベツなども栽培する。2017年度には 農場面積を約13ヘクタールに拡大する計画。同年度のコメの収穫量目標は約35トンとしている。吉野家では現在、年間約3万トンのコメを使用しており、約 0.1%に当たる。

 

良いことなんじゃないですかね。

勿論、吉野家としても思惑があってのことで、福島県に対する奉仕活動ではないんでしょうけど。

福島の農家の方たちは、風評被害などでかなり厳しい状況になっているはず。

地元農家としてはありがたい話だろうし、双方ともに思惑が合致してのことなのではないだろうか。

まぁ、吉野家が足元を見ていなければですけどね。

吉野家は吉野家でライバルとの競争が激しくて厳しいから、そんなことしないかな。

こういった取り組みを大企業が率先して行ってくれるといいですね。

専業主婦に「なりたい」3割 「なって欲しい」は2割

「結婚したら専業主婦になりたい」。独身女性の3人に1人がそんな希望を抱いていることが、厚生労働省の調査でわかった。一方、結婚相手に専業主婦になって欲しいと思っている独身男性は5人に1人にとどまった。
厚労省は先に公表した厚生労働白書の作成にあたり、民間のシンクタンクに委託し、15~39歳の男女の意識調査を今年3月にインターネットで実施。3千人余りから回答があった。
独身の女性に「専業主婦になりたいと思うか」を尋ねたところ、「どちらかといえばそう思う」を含めて34・2%が「そう思う」と答えた。独身男性には結 婚相手に専業主婦になって欲しいと思うかを聞いたところ、「そう思う」は19・3%だった。妻は家庭にと考える人の割合は男性よりも女性が多かった。

 

この調査、10年前はこうだったとか、20年前はこうだったとか、基準となることがかかれていないので比較ができないが、妥当なところかなと思う。

記事では3人に1人もいるような書き方だが、逆に3人に2人は専業主婦になりたいと思っていない訳ですから。

以前の日本は、結婚したら専業主婦というのが当たり前だったはず。

そのせいもあり、女性が働く環境というのは整っていなかったはずだが、今は色々と改善されたのではないだろうか。

今後は専業主婦に「なりたい」「なりたくない」どちらに振れていくのだろう。

国の経済状況等にもよるでしょうし、予想は難しいですが、経済的に余裕があれば、男性も女性も「専業主婦」を優先しそうなきはしますけどね。

日産の自動運転車が公道を走れるナンバーを取得

2020年までに自動運転車両の市販を目指す日産が、その自動運転システム開発の一環として公道試験を開始、そのためにナンバーを取得した試験車両を公開しました。

ベースに選ばれたのは電気自動車「リーフ」です。クルマに取り付けられた各種センサーにより周辺の道路状況等を検知し、ハンドル・ブレーキ等を自動的に制 御してドライバーの運転を支援するアドバンスド・ドライバー・アシスタンス・システム(高度運転支援技術)を搭載しています。その自動運転機能では、車線 変更・赤信号での停止・追い越しといった動作が可能といいますが、この試験車両はドライバーが常に操作介入できることを前提としているそうです。
ナンバープレートの番号「20-20」は、自動運転技術の実用化を目指す2020年を意味するもので、日産のカルロス・ゴーン社長は、『本年の8月、私た ちは、2020年に自動運転の実現を目指していることを発表しました。自動運転システムに向けた基盤技術を公道走行においてテストすることは、我々がリー ダーシップを維持するために欠かせないプログラムです。日本の関連省庁のサポートに深く感謝いたします。』とコメントしています。
また、技術開発担当副社長の山下光彦氏は、『自動運転システムの実現は、ゼロエミッション車の量産化に次ぐ、われわれの大きなチャレンジです。本車両での 公道実証実験を通じて安全かつ信頼性の高い技術開発を行なっていきます。』と自動運転技術の開発に向けた意気込みを語っています。
自動運転の実験車両としては日本で初めてナンバーを取得したという、このクルマ。自動運転というと安楽なドライバー支援というイメージもありますが、すで に普及しつつある衝突被害軽減ブレーキの効果からもわかるように、ヒューマンエラーや不意の健康トラブルをカバーする機能として期待されている分野。公道 での実証実験により、安全につながる技術の確立が期待されます。

 

また一つ、夢が現実になるかもしれない。

かつて夢だと思っていた携帯電話。

数十年前のアニメなどで出ていたのは電話ではなく、いわゆる無線機だったのかもしれないが、同じこと。

当時はそんなものが普及するなんて考えもしなかった。

そして車である。

自動運転してしまうそうだ。

これはアニメなどで登場すると言ったものではなかったが、車を運転する人なら考えたことがあるはず。

家を出たら自動運転で勝手に目的地まで連れて行ってくれたら楽なのにとか、渋滞の時に運転が面倒だから自動で運転してくれればいいのにとか思ったことがあるのではないか。

少なくとも、私は思ったことがある。

どうやら実現してしまいそうである。

実用化の目標は7年後の2020年、東京オリンピックが開かれる年ですね。

はたして本当に実用化されるのか。

携帯電話のように、当たり前の存在となってしまうのか。

まだ先の話だが、どうなることか注目したい。

ふぁ~極上の熟睡感!グッスリ朝まで眠る術

昨日、NHKの「ためしてガッテン」という番組で以下のような番組が放送されたそうだ。

 

朝の目覚めがイマイチ…、夜中に目が覚めちゃう…、眠いけど眠れない…そんな、グッスリ眠れない人が全国に増加中
これ、高齢者に限った話ではなく、若い人たちの間でも大きなお悩み。眠りに何らかの不満を抱えている人の数は、なんと
3000万人に上るといいます!

しかも、単なる年のせいや性格のせいなどと片づけられ、眠れぬ夜を繰り返すことも多いんです。

でもご安心を。脳の中に潜む、グッスリ眠れない原因を作り出している「真犯人」をついに突き止めました!熟睡感アップのための最新情報をお伝えします。

 

眠りの悩みは深刻ですからね。

3000万人ですか。

ちょっと多すぎるような気もしないでもないですが、ぐっすり寝て満足しているなんて人、いくらもいないような気もしますし、こんなものなんですかね。

眠れないと不安になって、不安になると更に眠れない。

悪循環ですね。

今回の番組で紹介された熟睡方法は、まず「睡眠日誌」。

この睡眠日誌を活用した、「認知行動療法」という治療法を受けることで、まとまった睡眠がとれるようになり、驚くほど睡眠の満足度を上げることができましたという人もいるそうです。

もう一つが、「筋弛緩(しかん)法」

筋肉を緊張させたあと、徐々に力を緩めることを繰り返します。これによって古い脳の覚醒を静め、心地よい眠気をもたらそうというものだそうです。

どちらも試してみるといいでしょうね。

それだけでなく、不眠症かなと思ったら色々と試してみるといいでしょうね。

途上国支援へ抱負 元学校講師ら青年協力隊参加へ

国際協力機構(JICA)の青年海外協力隊2次隊として30日から順次アフリカや南米に出発する愛媛県新居浜市の元学校講師ら3人が24日、石川勝行市長を訪問し、「経験を生かして途上国の発展に寄与したい」と抱負を語った。
隊員は、元高校講師の佐々木菜実さん(24)=同市又野1丁目=と、元特別支援学校講師の宮崎由香里さん(28)=同市庄内町3丁目、看護師飛鷹佳子さん(29)=四国中央市土居町蕪崎=で、期間はそれぞれ2年間。
3人は石川市長に経歴や現地での活動を説明。佐々木さんはガーナの小学校で図工や体育などの情操教育に取り組む。

 

素晴らしい志、素晴らしい取り組みですね。

昨日、新聞にシリアに派遣されていて帰国した「国境なき医師団」の看護師の方の記事が載っていました。

国境なき医師団とは活動することも危険度も違うかもしれないが、こちらの取り組みも素晴らしい取り組みだと思う。

青年海外協力隊も行きたいからといって行けるものではない。

参加するには、専門分野の知識や経験は勿論、語学力なども必要になる。

だから参加しようと思ったら、それなりの勉強、努力が必要になる。

立派ですね。

これから看護師になろう、すでに看護師の仕事をしているが、もっと勉強して自分も青年海外協力隊に参加してみたい。

そう考える方は看護師求人 休日や休暇が多い求人は看護師転職サイトにある!を参考に、仕事探しをしていただければと思います。