新人看護師支援へ研修施設 静岡がんセンター

県立静岡がんセンター(長泉町)は、新人看護師が学生時代に習得しにくくなっている基礎的な実技や現場対応力を鍛える「かるがもセンター」を院内に開設し た。新卒看護師は基礎的な看護技術の習得を目指し、専門病院より総合病院への就職を志向する傾向もあるため、基礎技術の研修を充実させることで、看護師の 確保も狙っている。

 

どこの施設も苦労してますね。

県立の施設でも看護師の人員を確保するためにこのような取り組みをしている。

専門病院だから総合病院よりも優先順位が低いとはいえ、県立の施設なら人は集められそうな気がしますが、そうでもないんですね。

看護師を探す、病院を探す、どちらの立場でも看護師求人 給料の高い求人は看護師転職サイトにある!などを活用していただければと思う。

医療観察病棟、11月から運営開始-滋賀県立精神医療センター

殺人や傷害などの重大事件を起こした「触法精神障害者」の治療や社会復帰を目指す医療観察病棟の運営が、11月から滋賀県立精神医療センターで始まる。
病棟は鉄筋2階建てで、延べ床面積は約2696平方メートル。病床は20床と予備の3床。医師3人、看護師30人に加え、心理判定員と作業療法士、精神保健福祉士を配置し、医療観察制度で入院医療が必要とされた人に専門的な医療を提供する。
医療観察制度は、心神喪失・耗弱の状態で殺人や傷害、放火などの重大な事件を起こした人の社会復帰を促進することを目的とした処遇制度。例えば、心神喪 失で不起訴処分や無罪が確定した際、検察官から申し立てを受けた地方裁判所が、指定された医療機関への入院や通院を決定する。
厚生労働省が所管する指定入院医療機関は、国関連が15施設(487床)、都道府県が14施設(281床)の計29施設(768床)。現在、滋賀県を含む3か所で整備・計画が進んでいる。
県立精神医療センターで来月20日に開棟式、同26日には医療・行政関係者らを対象とした内覧会が行われる予定。11月1日から病棟の運営を始める。

 

記事を見るだけで困難なことだと想像がつきます。

実際に勤務する医療関係者の苦労は並大抵ではないでしょう。

殺人や傷害を起こした精神障害者を治療したり看護する。

取り組みとしては素晴らしいですがね・・・。

医者も看護師も望んで仕事に就いてるのかもしれませんが、どうにも耐えられないと辞めるなんて人も出てくるのでしょうね。

看護師は不足していて医療機関は大変なようですから、この職場を辞めることがあっても看護師は続けてほしいですね。

実際に転職するようなことになったら、看護師さんには看護師 求人 高収入を参考に転職を進めてほしいですね。