トクホと違う?「機能性表示食品」

「目の疲れを和らげる」「脂肪の吸収を抑える」など、食品の機能性を謳える新たな食品表示制度「機能性表示食品」が今年4月1日にスタートした。これは、特定保健用食品(トクホ)や栄養機能食品に続く第3の表示制度だ。6月からは、機能性表示食品の商品が市場に登場し始めている。しかし、すでにいくつかの商品について消費者団体などから効果や安全性を疑問視する声が消費者庁へ提出されているそうだ。
機能性表示食品は、メーカーの自己責任において科学的根拠に基づいた食品の機能性を体の特定部位と合わせて表示できる制度だ。メーカーは消費者庁に安全性や機能性の根拠となる情報を届け出るが、これは同庁の審査を受ける必要がない。つまり、書類に不備がなく、受理されれば企業側の売り文句を記載した商品を販売できるのだ。7月1日時点では、キリンビールのノンアルコール・ビールテイスト飲料「パーフェクトフリー」や、雪印メグミルクの「恵 megumi ガセリ菌SP株ヨーグルト100g」など48製品が受理されているという。
従来、食品に含まれる成分の有効性について表示できるのは、トクホと栄養機能食品のみだった。しかし、トクホは国のお墨付きを得られる代わりにその申請に膨大な時間や費用を費やす。また、栄養機能食品は既に科学的根拠が認められた栄養成分を一定の基準量を含む食品であれば届け出なく表示できるものの、対象はビタミンやミネラルなどに限られ、決められた表現しか使えない。
同制度はこういった課題を解消し、トクホよりも敷居が低く、栄養機能食品よりも表現の自由度が高いのが特徴だ。たとえば、「肌の保湿力を高める」「緊張感を軽減する」というようにトクホでは認められていない目や皮膚、脳といった具体的な体の部位について言及でき、さらに疲労やストレスといった主観的な症状への効果も明記できる。そのため消費者は今まで以上に具体的な効き目をわかりやすい言葉で知ることができ、自分にとって役立つ商品を選びやすくなるというメリットがある。
しかし、同制度には国のお墨付きはなく、あくまでメーカーの主張に基づいたものに過ぎない。もし何らかのトラブルがあってもメーカー側の自己責任となり、その商品の安全性や機能性についてはメーカーの公表した数値・情報にゆだねられる。
重要なポイントは、公開情報をどれだけ消費者に分かりやすく丁寧に伝えられるか。もちろんそこのごまかしや不正があってはいけない。
一方で、消費者自身もその商品が本当に自分に必要なのかどうか、”選ぶ力”を問われることになる。健康食品を選ぶ際、その選択肢は広がりそうだが、その分売り手と買い手の双方の努力が必要になってくると言えるだろう

パイロット不足深刻

多くの乗客の命を預かる航空機パイロットは、法定の航空身体検査の項目で1つでも不合格となれば乗務できないのだそうだ。年間1万人あまりが申請するが、厳しい内容のため、不合格者は1千人以上に及ぶという。航空需要の高まりに伴うパイロット不足が今後深刻化する見通しだが、質と量を両立させる抜本的な解決策は見いだせていない。
航空身体検査では国が指定した医師が内科、循環器、外科、眼科、精神神経、耳鼻咽喉の各項目を詳細にチェックする。精神神経分野では既往歴、日常行動などに注意して検査するが、既往歴だけでも出生時の状況や生後の発育のほか、高熱疾患、頭部外傷、失神発作、不眠などの有無も判断材料となるそうだ。
肥満にも厳しく、BMIの標準は30未満が標準。乗務中の体調急変を招く動脈硬化などの原因になる恐れがあるためだという。視力も裸眼で0.7以上、両眼では1.0以上が求められる。
しかし、厳しい検査にパスしても乗務中に体調が急変したケースもあるそうだ。平成12年9月、全日空機が名古屋から佐賀に向け飛行中、機長が意識不明となり、その後小脳出血のため死亡。16年3月には成田からシンガポールに向かっていた全日空機で副操縦士が急性膵炎を発症している。もう1人のパイロットが操縦し目的地まで飛行したが、厳しい検査と言えども万能ではないことを示している。
乗務続行の可否を決める航空身体検査。国土交通省によると、25年度の検査では自家用を含め約1万人が申請し、1割程度が不合格となっているそうだ。不合格でも判定が難しい場合は、指定医が複数の専門医らで構成する国土交通省の審査会に諮り、条件付きで合格にするケースも少なくないそうだ。
航空会社によってはパイロットの不合格が運行計画に影響を与える場合もあり、過去には不正に手を染めたケースもあったそうだ。
一方、自ら大事を取って乗務しないケースも多いという。体調不良を隠して乗務し、万が一事故になれば大変なことになる。パイロットは通常、自発的に会社に相談しているのだそうだ。
パイロット不足の傾向は今後深刻化する。国交省は23日、現行64歳の乗務上限を67歳に引き上げるなどパイロット不足解消に動き始めたそうだ。上限引き上げには厳しい身体検査が条件だが、高齢化に伴う健康面への懸念も付きまとう。
パイロットの質と量をどう両立させるか、今後の大きな課題となっていきそうだ。

新発売「レモンジーナ」の味は?

甘すぎない炭酸飲料として人気のサントリー「オランジーナ」ブランドから3月31日に発売された「レモンジーナ」。「果実を丸ごと食べたような味わい」を実現したとのことで発売前から大きな注目を集めていたが、発売後入手した人たちからは「土の味」「カブトムシの味」という反応が。
実際に飲んでみた人の詳しい感想を見てみると、レモンジーナをごくりと飲んだ後の喉の空気を口の中に戻すと、なぜかこれまでに味わったことのない香りがするのだそうだ。言われてみれば土のようでもあり、とにかく大自然に包まれた感じがするとのこと。土の「味」というより「風味」が土っぽい(?)ようだ。
「土の味がする」という触れ込みに触発されて飲んだ人の中には「土の味なんてしなかった。味覚がおかしいのだろうか?」と言う声も。感じ方は人それぞれなのかもしれない。

戦艦武蔵

戦艦武蔵がフィリピンの海底で見つかったと米マイクロソフトの共同創業者のポール・アレン氏がツイッターで明らかにしたことを受け、広島県呉市にある「呉市海事歴史科学館」の館長は「写真は武蔵の船首周辺とみられ、菊の紋章がはめられていた場所と、その周辺のロープを通す穴やくぼみが、大和型戦艦の武蔵の特徴と一致する」と語ったそうだ。そして「発見された海域や深度からいって、ほぼ間違いなく武蔵だ。今後、他の画像で沈んだ当時の様子が明らかになる可能性がある」と指摘しているとのこと。また「戦後70年に発見されたことにドラマを感じる。多くの人が過去の戦争で何があったか考え直すきっかけになれば」と話したそうだ。
海軍OBらでつくる公益財団法人「水交会」によると、これまで戦艦武蔵の船体は確認されたことが無かったそうだ。海軍の記録「戦闘詳報」によると、武蔵の沈没場所は北緯13度7分、東経122度32分。潮の影響で船体が現在沈んでいる場所はこの位置から外れている可能性があるとのこと。
戦艦武蔵は1938年3月29日に起工、1942年8月5日に完工。三菱重工長崎造船所が建造した。全長263メートルと当時の東京駅正面とほぼ同じ長さで、戦艦では世界最大だった。1944年フィリピンのレイテ島攻撃に向かう最中、同国のシブヤン海で米軍の艦載機の一方的攻撃を受け、艦齢わずか800日余りで沈没した。乗員約2400人のうち、1000人以上が死亡したとのこと。戦艦が発見されたことで、亡くなった人も浮かばれるだろう。

住みたい街ランキング

この度、人気情報誌「東京ウォーカー」が「住みたい街2015東京版」を発表した。
1位から5位を紹介します。1位はいまだ不動の人気の「吉祥寺」。理想的な郊外都市の吉祥寺、利便性の良さ、住みやすさからいまだ不動の人気を保っている。2位にランクインしたのは「横浜」。上品さと活気良さが入り混じる横浜がランクイン。充実した交通網で都会へのアクセスも楽々です。3位にランクインしたのが、自由が丘。女性なら誰でも憧れるお洒落な街、自由が丘がランクイン。続いて、以外にも4位にランクインしたのが、秋葉原。オタクカルチャーの精緻なだけに住みたいと思う人も多いのだろうか。そして、5位にランクインしたのが池袋。西武やパルコといった商業施設などが充実した池袋。ターミナル駅ともなっているので、どこへ行くのにも行きやすい場所。
あなたの住みたい街はランクインしていましたか?

強い寒気に注意

いよいよ12月となり、本格的な寒さが訪れようとしている。今年も残すところあと1か月。紅白歌合戦の出場者が決まったり、流行お対象が決まったり、いよいよ年末モードになっている中、今日、2日は北海道の北西に発達中の低気圧があり、その影響により明日の3日にかけて、とても強い寒気が入り込んでくる。このために北日本と日本海側を中心に大雪や台風のような風になりやすく注意が必要とのこと。また風の栄養によって、高波にもなる恐れがあるので注意が必要だ。街はクリスマスムードの中、本格的な寒さがやってくる。冬の始まり、寒くなりだした頃が、自律神経も乱れやすく一番体調を崩しやすくなる。この寒さは1週間くらい続くとみられている。

お魚くわえたドラネコ

「猫が魚を食べる」というイメージはサザエさんのせいらしい。日本では猫は魚が好きというイメージが一般的だが、欧米では肉をあげるのが常識らしい。ヨーロッパの栄養学の本には「めずらしいことに日本では猫に魚をやっている」と書かれてしまうほどアブノーマルなことなのだそうだ。

昔の猫はネズミやウサギ、ハトなどを食べて育っていたはずなので、魚は少しつまむ程度なら問題ないが、主食にするのは本来の食生活から外れているのだという。猫が魚の匂いに反応していると思われているのは、アミノ酸の匂いに反応しているためだそうで、肉でも反応するらしい。また、おやつににぼしをあげても構わないが、10匹20匹一気に食べさせるのはあげすぎなんだそうだ。おすすめは鶏のささみをゆでたり、豚肉を油を使わずに焼いたりゆでたものが良いということだ。今までの常識が間違っていたとは…。

国が変われば猫の好物は変わる。イタリア人に聞けば「猫の好物はパスタだよ」と答えるし、インド人に聞けば「猫の好物はカレーに決まってるじゃないか」と言われる…さすがにカレーはどうかと思うが。これも人間の勝手な思い込みなのかもしれない。

介護 資格要件を緩和

介護分野の深刻な人手不足を補うため、厚生労働省が介護職の資格要件を緩和する方針を固めたらしい。現行の資格を取得しやすくするか、よりハードルの低い新たな資格を創設する。介護分野への外国人の受け入れも拡充し、約100万人の増員が必要とされる介護職の担い手のすそ野を広げる。

現行では介護職の制度は、国家資格の介護福祉士のほか、研修時間によって2段階ある。そのうち最短130時間の研修で取得できる「介護職員初任者研修修了者」の要件を緩和して短い時間で取れるようにするか、新たに研修時間の短い資格を設けるそうだ。

資格を取りやすくすることで、介護職に就く人数が増えればいいが、賃金の見直しなど、メリットを増やさないと根本的な解決にはならないのではないだろうか。

馬が笑って見える?

馬が笑うように見えるのは恐らくフレーメン反応のことだそうです。

フレーメン反応とはウマ等の哺乳類に起こる、臭いに反応して唇を引きあげる生理現象である。この動作には主としてフェロモン受容を行う嗅覚器官である鋤鼻器(ヤコブソン器官)を空気に晒し、より多くの臭い物質を取り入れる機能があると考えられている。この反応はウマの他には、ネコ、ウシ、ヒツジ、ゾウ、コウモリなどにも見られるが、ウマは唇を大きく捲り上げるため見た目がわかりやすい。胎児期に鋤鼻器が退化してしまうヒトには起こらない。フレーメン現象、あるいは単にフレーメンとも言う。

大和民族

日本人のことを、大和民族ということもある。

大和民族は、縄文時代以前から日本列島に住んでいた人々のうち、弥生時代に大和(奈良盆地の南東部)を本拠地とする人々を中心に形成されたヤマト王権(大和朝廷)に属する民族の呼称。ヤマト王権の勢力拡大に伴い、一地域名であった「大和」が日本を広く指す呼称となり、民族名ともなった。ただし、ヤマト王権の成立過程は現段階でも明らかになっておらず、謎も多い。
大和民族の形成当初は九州地方の隼人や、東北地方の蝦夷が異民族とされていたが、彼らは中世以前に大和民族と完全に同化している。アイヌも、大和民族との混血や文化的同化が進んだ結果、(民族的)日本人と大和民族の範囲はほぼ一致するようになり、ことさらに大和民族という呼称が使われることは稀になっている。

Categories
Bookmarks